チェック柄のアイテムで着やせ効果を狙う

視線を分散させて体型をカバー

チェック柄は、複数の線と色が使われていることによって視線が分散されやすいという特徴があります。そのため、体型をカバーできる効果が期待できるのです。体型を上手に隠したいときは、あえてチェック柄のワンピースやスーツを着用するといいでしょう。特に体型が気になるときは、できるだけ多色使いのチェック柄を使う方がカバーしやすくなります。例えば、タータンチェックなどがそうです。縦と横にさまざまな色が使われており、うまく視線を分散してくれます。一方、千鳥格子やグレンチェック、ギンガムチェックなどは体型カバーにはあまり向いていません。中でも柄が細かいものは、遠目から見たときは無地とほとんど変わりません。デザインにもよりますが、ボディラインが強調されやすいので注意が必要です。

チェク柄のストールなど小物で視線をずらす

持っていると重宝するのがチェック柄のストールやマフラー、スヌードといったアイテムです。ワンピースなどシンプルな服のときにこれらを合わせるだけで、視線をずらせます。できれば、目を引きやすい派手な色を選ぶようにしましょう。ただし、チェック柄のアイテムを添えるときは必ず無地の服であることが条件です。柄の入った服では、柄と柄がぶつかってしまい、逆効果になることもあります。首元に巻けば、ボリュームを上部に持っていくことも可能になります。そうすれば、多少タイトなラインのワンピースでも体型が気になることはありません。また、ストールは巻きスカートのように使っても着痩せ効果を期待できます。首元に巻いたり腰に巻いたりと、チェック柄のアイテムを上手に使いましょう。