黒い洋服に着やせ効果がある理由

黒色がもたらす心理的効果

着やせ効果を狙って、黒い洋服を選んだことがある人も多いのではないでしょうか。では、なぜ黒色に着やせ効果があるのか知っていますか。そもそも色は、寒暖感や軽重感などのさまざまな心理的効果をもたらします。その中で膨張収縮感は、色の明度が大きく関わっています。色の明度とは、色の明るさや暗さを表す度合いのことで、一番高いのが白、低いのが黒となります。白色と黒色の明度対比の実験として、黒色用紙に印刷された白色の円と白色用紙に印刷された黒色の円が並べられたものがあります。描かれた円は同じ大きさなのに、人間の目は黒色の円の方を小さく感じてしまうのです。このように、明度の低い黒色は小さく収縮して見えるので、着やせ効果が期待できるというわけです。

ウエストのシルエットにこだわって

しかし気をつけたいのが、明度が低い黒の洋服は取り入れる分量や面積が大きすぎると、暗く重たい印象を与えてしまうという点です。他の人に差をつける黒色の着こなしをするには、シルエットにこだわりましょう。シルエットを美しく見せるためには、ラインを意識して重い印象にならないようにバランスを注意します。ジャケットやパンツ、ワンピースなど、ウエストのラインで全体のバランスを考えるとよいでしょう。ワンポイントとして、鮮やかな赤色のバッグを使ってみてもいいかもしれません。さらに透ける素材やナイロンのほか、革などの素材の違いでさまざまなニュアンスを演出できます。このようにシルエットに気をつけながら、色の効果を上手に利用して、黒色のコーディネートを楽しみましょう。